千金丹

Proved by Princess Murakumo
Since 1875

お電話でのご注文 フリーダイヤル 0120-333-334 生活と健康社(通信販売課) 受付時間 9:00~17:00(土、日、祝日を除く)

ごまペーストについて

医薬品メーカーがお届けする
美味しくて健康的なごまペースト

初代岡内喜三が「岡内千金丹」を考案したのが明治3年。その後、現在に至るまで医薬品メーカーとして、生薬を使い自然に寄り添った薬の開発を行ってまいりました。私たちが薬と同じくらい健康に大切だと考えてきたのが食事です。その考えのもと、生薬でも利用されているごまの健康成分に着目しました。栄養価の高いごまを毎日の食事でおいしく手軽に取り入れられるよう「パンに塗って食べる黒ごまペースト」を開発したのが約20年前になります。今後も絶対的な美味しさと、医薬品メーカーならではの健康に対する視点で、お客様に満足していただけるような商品を提案して参ります。

美味しさの秘密

  • 秘密1

    ごまの香りを最大限に引き出し閉じ込めました

    厳選した高品質のごまを少し強めの温度で焙煎し、十分に香りを引き出します。その後、臼ですりつぶしてペーストにしたごまをすぐに密封し香りを閉じ込めます。そのため、口に入れた瞬間、煎りたてのごまの香ばしさがふんわりと広がります。

  • 秘密2

    なめらかな食感を実現

    なめらかなペースト作りの決め手はごまをペーストにする摩砕機の調整にあります。まず摩砕前に煎り胡麻の状態を理化学検査にて確認。蓄積したデータと照合し、摩砕機の臼と臼の間隔を決定します。さらに最後は職人の経験から再度数ミクロン単位の調整を行います。ごまの状態に合った緻密な調整が、常にしっとりとしたなめらかな舌触りを実現しています。

国内外で愛される味

日本の百貨店で販売していた私たちの商品が香港の旅行者の目に止まり、それがきっかけで販売が始まりました。香港、台湾、シンガポールと徐々に販売国は増え、現在ではアジアを中心に8カ国で販売されています。私たちは商品を輸出するだけでなく、実際に現地へ赴いて試食販売を行い、お客様の声を直接聞いて、その貴重な意見を商品開発に活かしています。これにより、各国で高い評価をいただいています。