千金丹

Proved by Princess Murakumo
Since 1875

お電話でのご注文 フリーダイヤル 0120-333-334 生活と健康社(通信販売課) 受付時間 9:00~17:00(土、日、祝日を除く)

千金丹の歴史

讃岐の岡内千金丹薬売り

讃岐の国、香川県は瀬戸内海に面し、気候は温暖、古来天災による被害が少ない風光明媚なところです。その讃岐に、明治、大正を経て、昭和も戦前までの3代にわたって、全国に販路を広げた讃岐薬業、「岡内千金丹」の薬売りがありました。ここに言う薬とは、すなわち今日の家庭薬です。この時代、讃岐は家庭薬王国と言われていて、最盛時には県下に大小300余の家庭薬製造業者があって、その生産高は讃岐の重要産業のひとつでもありました。

この讃岐売薬の一つ、“千金丹”の歴史は、初代・岡内喜三が考案した事から始まります。“千金丹”は板になったチョコレート色の薬で、銀が塗ってあり、1センチ角に筋がついていて、折ってしゃぶるようになっています。特に腹下りには良く効いたそうで、「永代記録」によると、明治天皇の伯母にあたる京都瑞竜寺の村雲尼公が明治20年3月に各地を巡釈して高松の日妙寺に泊まった際、尼公が腹痛を発されました。そこで、“千金丹”を差し上げ、服用したところ早速治ったので、大層お喜びになり、村雲尼公の名前を商標に用いる事を許されたとのことで、この後“千金丹”は大きく世に出回るようになるのです。

こうして“千金丹”を売るために、総勢200人から1000人余りにも及ぶ薬売りの行商人が、全国各地に出向いていくのですが、持ち物道具から、衣装、呼び声(歌)などにまでいろいろ趣向を凝らして、各地の大人から子供まで大層人気を博したそうです。“千金丹”と染め抜いた白い洋傘、股引きをはき、大きな鞄を肩にかけて、歌を歌いながら渡り歩く。声をテノールに張り上げて歌う文句は次のようなものでした。

本家はさぬき高松 岡内家伝の千金丹
そのまた薬の効能は 第一胃を整い熱冷まし
タンセキ・リウイン、胸痛み
しぼり腹には下り腹 頭痛めまいに立ちくらみ
せんき、せんじゃく胸痛み 子供方には御カンキョウ
舟車の酔いに二日酔い さぬきの東は琴平より八里東の高松市
岡内家伝の千金丹売り子の真黒 クロスケー…エ…エ…

売り子たちは、毎年、春3月に高松を出発し、10月の高松、岩清尾八幡の祭り前に帰郷したといわれ、この行商の一団は、全国各地で一種の風物詩であったそうです。

荒井とみ三 著「讃岐民俗図誌」第六巻 看板考より引用